sportsnavi

ここから本文です

チーム情報

ア・リーグ中地区

チーム一覧へ戻る
デトロイト・タイガース
デトロイト・タイガース Detroit Tigers
2014年7月25日17時40分 更新

チーム順位・成績

順位1[アメリカン・リーグ中地区]

打率.2791位

本塁打数1016位

打点4613位

防御率4.0310位

勝利数573位

セーブ数267位

2014年7月25日現在

日程・結果

月日(曜日) 対戦カード(結果) 勝・敗投手

7月22日(火)

4-3
[結果]
vs. Dバックス ビジター (勝ち)ジャスティン・バーランダー
9勝8敗

7月23日(水)

4-5
[結果]
vs. Dバックス ビジター (負け)フィル・コーク
1勝2敗

7月24日(木)

11-5
[結果]
vs. Dバックス ビジター (勝ち)アニバル・サンチェス
7勝4敗

7月25日(金)

6-4
[結果]
vs. エンゼルス ビジター マックス・シャーザー
12勝3敗

7月26日(土)

- 11:05 vs. エンゼルス ビジター [予想先発]ドルー・スマイリー

7月27日(日)

- 10:05 vs. エンゼルス ビジター [予想先発]ジャスティン・バーランダー

7月28日(月)

- 4:35 vs. エンゼルス ビジター [予想先発]リック・ポーセロ
チーム日程一覧へ
※日本時間で表示しています。 ※:インターリーグ
※試合開始時間は変更になる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
※[予想先発]はチームのローテーションから予想される先発投手です。
 実際に先発する投手と異なる場合がございます。

プロフィール

 前身は1888年までナ・リーグに所属していたデトロイト・ウルバリンズ。1901年にア・リーグに参加するにあたり、名称をタイガースに変更した。1905年には「球聖」タイ・カッブが加入。1907年からリーグ3連覇を果たした(ただしワールドシリーズは3連敗)。

 1930年代に入るとハンク・グリーンバーグら名選手が多く台頭し、35年に悲願のワールドシリーズ初優勝を達成。45年には2度目のワールドチャンピオンに輝くが、このときは各球団のスター選手が多く戦地に赴いていた中での優勝ということもあり、メディアの評価は低かった。しかし68年にはエースのデニー・マクレインが31勝を挙げるなど圧倒的な強さを見せ、ワールドシリーズも制覇。84年にもジャック・モリス、アラン・トランメルら個性的なメンバーで4度目のチャンピオンに輝いた。

 それ以降は長い低迷期に突入していたが、名将ジム・リーランド監督を招へいした2006年に、新人王に輝いたジャスティン・バーランダーら若手投手たちの活躍で一気にリーグ優勝。その後は大型補強を敢行した2008年にまさかの最下位に転落するなどポストシーズン進出から遠ざかっていたものの、2011年にはサイ・ヤング賞を受賞したバーランダーや首位打者ミゲル・カブレラらがチームをけん引し、24年ぶりに地区優勝を果たした。

 勢いを増した2012年は、カブレラが1967年のカール・ヤルトレムスキー(レッドソックス)以来の三冠王となる大活躍。大型契約で獲得したプリンス・フィルダーとの大砲コンビとバーランダーら投手陣がかみ合い、6年ぶりにリーグ優勝を達成した。ただしワールドシリーズではジャイアンツに4連敗を喫し、5度目の頂点には届かなかった。昨季もア・リーグ優勝決定シリーズで敗れ、リーランド監督も退任。ブラッド・オースマス新体制で2014年シーズンに臨む。

スタジアム紹介

 1912年から使用していたタイガー・スタジアムに代わり、2000年から本拠地となった新しい球場。ホームランの出にくい広い外野のため投手有利の球場として評判になったが、あまりの広さに「コメリカ国立公園」と皮肉めいたニックネームまでつけられたこともあって、2003年シーズンを前に左中間を狭める工事が行われた。タイガースの選手がホームランを放つとスコアボード上にある虎の目が光る仕掛けや、一塁側スタンド裏にある下位天木馬ならぬ回転木虎のビッグキャット・コート、センター後方にあるカッブやグリーンバーグらの躍動感あふれる銅像が有名。

MLBサイト内検索

MLB最新ニュース

チームデータ

創設 1901年
オーナー マイケル・イリッチ
監督 ブラッド・オースマス
Wシリーズ優勝 4回
リーグ優勝 11回
地区優勝 5回
Wカード獲得 1回
在席した日本人 木田優夫(1999〜2000年)
野茂英雄(2000年)

過去8年間の成績

2006年 ワイルドカード、ワールドシリーズ敗退
2007年 中地区優勝、リーグ優勝決定シリーズ敗退
2008年 中地区5位
2009年 中地区2位
2010年 中地区3位
2011年 中地区優勝、リーグ優勝決定シリーズ敗退
2012年 中地区優勝、ワールドシリーズ敗退
2013年 中地区優勝、リーグ優勝決定シリーズ敗退

スタジアム概要

名称 コメリカ・パーク
オープン年 2000年
仕様 天然芝、屋外
左翼 105.2m
中堅 128m
右翼 100.6m
収容人数 4万950人