sportsnavi

福井大会

坂井・福井商など横一線

 今春の県大会4強の坂井、福井商、福井工大福井、啓新を中心に、上位は実力が伯仲している。
 昨夏の甲子園を経験した坂井は春の県大会を制し、その勢いで連覇を狙う。選球眼が良い4番石川が打線を引っ張り、下位も長打力を備える。福井商は守備が堅実。エース加藤は切れのある直球に変化球を織り交ぜて打ち取る。
 福井工大福井は投手陣を中心に粘り強さが持ち味。出塁率の高い猪奥(いのおく)、安定感のある津野が打線の軸となる。啓新はエース上ノ山が投打の柱。制球力のある速球が武器だ。
 強打を誇る敦賀気比や、一昨年夏に甲子園出場経験がある山内、山本を擁する北陸なども注目される。(朝日新聞)

地方大会