sportsnavi

山口大会

下関国際、主軸に長打力

 昨夏、今春と甲子園に出場した下関国際が軸となり、宇部鴻城や早鞆、宇部工が後を追う。
 下関国際は主軸の川上、吉村、鶴田の長打力に機動力をからめて得点を重ねる。4番でエースの鶴田は140キロ台の直球とキレのよいスライダーをテンポ良く投げ込む。
 宇部鴻城も小国や田中の主軸を中心とした打撃のチーム。昨年、一昨年と山口大会決勝で敗れ、甲子園への思いはひときわ強い。
 早鞆は、本格派のエース畑村を中心に守り勝つ野球。打力で今春の県大会を制した宇部工、個人能力が高い高川学園、犠打や足を絡めてしぶとく加点する岩国も、夏の主役の座を狙う。(朝日新聞)

地方大会