北北海道大会

旭川大、自慢のパンチ力

 昨夏優勝の旭川大が総合力でリードするが、各地区の実力校とも力の差は少なく、大混戦が予想される。
 旭川大は140キロ台の直球と多彩な変化球を操るエース能登を柱に、制球力のある杉山も控える。打線は昨夏の甲子園を経験した持丸と菅原のほか、脇田らパンチ力がある打者がそろう。試合巧者ぶりも健在だ。
 旭川地区では他にも総合力の高い旭川明成、速球派投手を擁する旭川北、中軸がまとまる旭川東に注目。旭川永嶺と旭川実も力がある。十勝地区の帯広大谷、白樺学園、空知地区の滝川西も侮れない。釧根地区では選抜の21世紀枠候補になった釧路湖陵も上位をうかがう。

地方大会