栃木大会

佐野日大・作新学院が軸

 秋春の県大会を制した佐野日大、9連覇を狙う作新学院を軸に混戦となりそうだ。
 佐野日大はエース松倉、松本、山田と好投手がそろい、橋浦を中心に得点力が高い。作新学院のエース林は昨夏の甲子園を経験。制球力が安定し内角への鋭い投球が持ち味だ。石井、福田、横山ら打者も勝負強い。春の県大会で作新学院など強豪を次々に破り準優勝した栃木工は中島や内藤ら外野陣は強肩で、捕手渡辺の守備も堅い。
 春4強の国学院栃木は継投で的を絞らせず、文星芸大付は強肩捕手の浅野が要だ。昨夏準優勝の白鷗大足利、エース小林を擁する宇都宮工、青藍泰斗、足利工、宇都宮なども注目だ。

地方大会