埼玉大会

浦学・花咲徳栄に迫る4校

 昨夏の南北代表の浦和学院、花咲徳栄の「2強」と、春の関東大会に出た4校を軸にした混戦が予想される。
 ノーシードの浦和学院は永島ら甲子園経験のある投手が残り、打線が鍵。花咲徳栄は昨夏から主力の2年生井上を4番に据え、強打は健在だ。
 関東大会出場校は好投手ぞろい。春日部共栄は村田の制球力が光り、守備力も向上。浦和実は伸びのある直球の豆田と三田の継投で試合を作る。左腕和田が中心の山村学園は選抜準優勝の習志野(千葉)を破り勢いに乗る。東農大三もエース飯島が好調だ。
 公立勢は昨夏北大会準優勝の上尾が粘り強く頂点を目指す。バッテリーが残った川口も上位を狙う。

地方大会