千葉大会

選抜準V校交え、群雄割拠

 今春の選抜で準優勝し、春の県大会でも頂点に立った習志野と、春の関東大会4強の専大松戸、4年連続の夏の甲子園を狙う木更津総合を軸に混戦模様だ。
 習志野はエース飯塚を中心にした継投と、選抜で3度の逆転勝ちを演じた粘り強い打線が持ち味だ。専大松戸は横手投げの横山、制球力のある杉田ら投手陣が安定。木更津総合は昨夏の甲子園でマウンドを踏んだ根本や篠木が引っ張り、総合力が高い。
 昨春、夏と甲子園に出場し、昨秋の県大会を制した中央学院も注目。昨秋と今春の県大会4強の銚子商や昨夏決勝に進出した成田、強打の東海大市原望洋もチャンスがある。

地方大会