長野大会

東海大諏訪、選手層に厚み

 春の北信越大会出場の東海大諏訪、東京都市大塩尻に加え、佐久長聖、上田西などの強豪もひしめき、混戦の様相だ。
 東海大諏訪は主将上林ら昨夏の経験者が多く、エース横田ら投手層も厚い。東京都市大塩尻は紅林や小幡ら上位打線の打力に加え、リードされた場面を想定した練習を繰り返し、粘りもある。
 昨夏代表の佐久長聖は、昨秋と今春の県大会はともに4強入りできず。エース北畑を軸に巻き返しを図る。上田西は機動力を生かした攻撃が得意だ。一昨年優勝の松商学園はノーシードから再起を図る。公立勢では松本深志や長野商がシードに入り、上位を狙う。

地方大会