静岡大会

浜松商、エースに安定感

 昨秋、今春の県大会決勝には異なる4チームが進出。夏も本命なき混戦模様だ。
 今春の東海大会準優勝の浜松商は福井、山本陸ら中軸に破壊力があり、エース湖東も安定。昨秋4強で今春準優勝の加藤学園はそつのない攻撃に加え、好打者の藤原、川上に注目が集まる。静岡商は最速144キロの左腕高田と長打力の光る藤好が投打の柱だ。
 連覇を目指す常葉大菊川は打力に加え、機動力もある。飛龍は長打のある打線が魅力。静岡はけがから復帰した斎藤の打撃が鍵だ。常葉大橘は最速145キロの市川を擁する。昨秋の県大会を制した御殿場西のほか、浜松工、日大三島も上位をうかがう。

地方大会