愛知大会

東邦、選抜覇者の打線健在

 平成最後の選抜大会を制した東邦が軸になる。春の県大会の結果、東邦をはじめ昨夏の甲子園に出場した愛工大名電と愛産大三河もノーシードとなった。
 東邦は選抜で計3本塁打した石川を筆頭に強力な打線が持ち味。優勝投手でもあった石川のほか、植田と奥田ら左右の投手陣が鍵を握る。享栄は三島安、上田の好投手を中心に安定感のある守備と機動力を生かした攻めをする。
 中京大中京は高橋、麻続(まぞく)ら投手陣が力をつけ厚みが増している。愛工大名電は堀内や稲生ら昨夏の甲子園経験者が残る。好投手を擁して春の県大会を制した中部大第一や巧みな戦術が武器の至学館にも注目だ。

地方大会