富山大会

富山第一・高岡第一が拮抗

 昨秋の県大会を制した富山第一、今春の県大会優勝の高岡第一を中心に上位校の実力は拮抗(きっこう)している。
 富山第一は出塁率の高い波岡、広角に打てる本郷らの力強い打線が特徴だ。エース左腕浜田は球のキレで勝負する。高岡第一は、しなやかなフォームから伸びのある直球を繰り出す木村、完投能力のある酒井、140キロ台の直球が光る佐伯ら投手陣の層が厚い。
 富山国際大付は投打のバランスがとれており、砺波(となみ)工はエース右腕の黒田が成長した。富山東は左右の好投手がそろい、砺波は打力が高い。伝統校の高岡商と富山商は、ノーシードから甲子園出場を目指す。

地方大会