福井大会

敦賀気比、投打にバランス

 連覇を狙う敦賀気比、昨秋と今春の県大会を制した福井工大福井、今春選抜出場の啓新の私立3校が軸になる。
 敦賀気比は投打のバランスがとれ、木下、杉田、大島の強打者がそろう。投手陣では、低めに球を集める笠島の成長が著しい。福井工大福井の打線は勝負強い高原、長打力のある藤井を中軸に据え、破壊力が期待できる。啓新は投手力が光る。直球に変化球を織り交ぜて打ち取る安積、右横手から球威のある直球を繰り出す浦松の継投で、簡単に打ち崩せそうにない。
 公立勢では今春の県大会4強入りの福井商、昨夏準優勝の若狭、速球派のエース玉村を擁する丹生などが上位をうかがう。

地方大会