滋賀大会

近江先行、際立つ強力打線

 昨秋、今春の県大会を連覇し、春の近畿大会で優勝した近江が一歩リード。春の県大会で準優勝した滋賀学園などが追う展開となりそうだ。
 近江は春の県大会で5試合2失点と好投した左腕林ら、昨夏の甲子園8強のメンバー6人が残る。住谷、土田、板坂らの強力打線も光る。滋賀学園は左腕尾崎、竹本、田上ら投手陣が豊富で、春の県大会は無失策と守備が堅い。
 昨夏準優勝で打力が持ち味の綾羽、最速140キロ台の吉田と伊藤がそろう光泉、昨秋の近畿大会に出場した近江兄弟社も戦力が充実している。春の県大会3位決定戦でタイブレークを制した彦根東、高島、八幡商の公立勢も上位をうかがう。

地方大会