青森大会

青森山田、強気のエース

 春の県大会優勝の青森山田と東北大会を初制覇した聖愛のほか、春の選抜大会に出場した八戸学院光星などが優勝争いの中心だ。
 青森山田は、最速147キロの直球で押すエース堀田が投手陣の柱。打線は春の県大会でそれぞれ本塁打を放った川原田と平野が中軸に座る。
 聖愛は長打力がある桜庭や三上を中心とした強打のチーム。投手陣はエース下山と成田を中心に、制球力の高い投手がそろう。
 昨秋の東北大会を制した八戸学院光星は、春の県大会では初戦で青森山田に敗れ、青森大会にはノーシードで臨む。東北大会に4季連続で出場している弘前東も上位をうかがう。

地方大会