兵庫大会

明石商・神戸国際大付が軸

 春の選抜大会4強の明石商と、春の近畿大会準優勝の神戸国際大付が軸になりそうだ。昨秋の県大会4位で春は8強の社(やしろ)なども力がある。
 明石商は、選抜で準決勝までの全4試合に登板したエース中森ら投手中心の守りのチームで、守備からリズムを作る。神戸国際大付は、近畿大会準決勝で2打席連続本塁打を放った柴野ら中軸と、春の県大会優勝に貢献した松本や故障から復活した鍵ら投手陣に期待がかかる。
 縦と横のスライダーを投げ分ける藤本がエースの社は、悲願の初優勝を目指す。春の県大会で準優勝の須磨翔風や3位の姫路南、4位の東洋大姫路、昨秋3位の報徳学園にも注目だ。

地方大会