奈良大会

智弁学園、切れ目ない打線

 春の県大会を制し、春季近畿大会4強の智弁学園が頭一つ抜けている。昨夏優勝の奈良大付、昨秋の県大会優勝の天理はノーシードで挑む。
 智弁学園は攻守ともに隙がない。春の県大会で2度のサイクル安打を達成した塚本や、勝負強さが光る主砲吉村らを軸に、切れ目ない打線が持ち味。二遊間を中心とした守備も堅い。春に好投を見せた1年生投手の小畠や西村王にも注目が集まる。
 春の県大会で準優勝し、近畿大会で大阪代表の大商大を破った郡山も勢いに乗る。上位から下位まで長打を放つ高田や、粘り強さで初のシード権を手にした奈良高専など国公立校の戦いぶりも目が離せない。

地方大会