岡山大会

創志学園の大黒柱、健在

 昨夏の甲子園を沸かせた本格派右腕の西を擁し、連覇を狙う創志学園と、春の中国大会を制した関西が中心。春の県大会準優勝の倉敷商も優勝争いに加わる力がある。
 創志学園の西は150キロ超の直球と切れ味鋭いスライダーが健在。横関、西ら中軸は長打力があり、投打に充実している。関西は春の県大会から公式戦全7試合で2桁安打を放つなど打線が好調。中国大会決勝を延長で制し、勢いに乗る。
 春の県大会準優勝の倉敷商は左腕木村を中心とした堅守が光る。下位からも打線がつながるおかやま山陽、春の県大会で4強に入った倉敷工や玉野光南などの公立勢も上位をうかがう。

地方大会