広島大会

広陵、ノーシードから発進

 春の中国大会に出場した広島商と如水館をはじめ、選抜大会に出場した広陵が中心になりそうだ。
 広島商は春の県大会で15年ぶりに優勝。中国大会では選抜に出場した米子東(鳥取)にコールド勝ちした。大会で2本塁打を放った山路らが中心の重量打線が印象的だ。如水館は、春の県大会で広陵を相手に好投した橘高(きったか)ら投手陣が引っ張る。
 その広陵はノーシードから頂点を目指す。選抜で150キロをマークした河野を中心に、左腕の石原らタイプの違う好投手がそろう。春の県大会3位の崇徳や、3年前の夏を最後に甲子園から遠ざかっている広島新庄なども機会をうかがう。

地方大会