鳥取大会

米子東・鳥取城北が有力

 今春の選抜大会出場の米子東と2連覇を狙う鳥取城北が優勝争いの軸となりそうだ。昨秋、今春の県大会4強の鳥取商、倉吉東などが追う。
 米子東は選抜大会で登板した左腕エース森下に加え、土岐、山内、岡本の2年生投手の成長が鍵を握る。打線はつないで着実に点を重ねる。鳥取城北は昨夏の甲子園を経験した山田や河野を中心に厚みのある打線が魅力。別所、駒居ら投手陣も多彩だ。
 鳥取商は速球を武器とする清水や松本の右腕2人が頼もしい。倉吉東は守備からリズムを作り、長打力のある竹信、金居を中心にたたみかける。一昨年代表の米子松蔭、走力のある境も上位をうかがう。

地方大会