島根大会

大社、下位打線も隙なし

 混戦模様だが、昨秋と今春の県大会を制し投打ともに能力の高い選手がそろう大社が一歩リード。エース紙田は制球力と最速140キロの直球が武器で、打線は福原、長岡らを軸に下位まで隙がない。
 私立の実力校が後を追う。石見智翠館の関山愛、開星の田部はともに俊足巧打で強力な打線を牽引(けんいん)する。立正大淞南は持ち味の守備と走塁から流れをつかみ、頂点を狙う。
 公立勢では三刀屋(みとや)が攻守のバランスが良く、後藤のパンチ力ある打撃に注目だ。浜田は打線に切れ目がない。矢上は上田寛が投打の軸。好投手・森広を擁する出雲商にも力がある。平田、出雲は機動力が武器。島根中央も上位を狙う。

地方大会