香川大会

高松商、走攻守にまとまり

 選抜出場の高松商をはじめ、春の県大会優勝の四国学院大香川西、強打の尽誠学園、堅実な藤井のシード4校と、投手力のある英明を中心に混戦が予想される。
 高松商は昨秋の四国大会を制し、明治神宮大会で4強入り。選抜で投げた左腕のエース香川が大黒柱だ。打線は立岩や浅野が軸で、走攻守にまとまりがある。四国学院大香川西はつながる打線で大量点が望め、投手の青山も制球力がある。尽誠学園は捕手の永尾らの打撃が武器だ。
 英明のエース黒河は昨春の選抜でも投げた。寒川は、最速140キロ台後半を投げる加茂優がいる。志度は、開と樋笠が粘り強い投球でチームを引っ張る。

地方大会