高知大会

明徳義塾、主軸の打撃好調

 春の四国大会を制した明徳義塾を中心に、昨夏の代表校で明徳義塾の9連覇を阻止した高知商、春の県大会準優勝の高知などが追う。
 明徳義塾は主軸の三浦、鈴木を中心に打撃が好調だ。春の県大会全試合で2桁得点を挙げ、チーム打率は4割を超える。四国大会までに計7人が登板した投手陣も多彩で、投打ともに抜け目がない。
 高知商は春の県大会準々決勝で敗退したが、昨夏の甲子園で活躍した西村や山崎ら強力打線に期待がかかる。高知は中学時代に最速150キロを記録した1年生・森木の起用法に注目が集まる。植田を中心に上位校と接戦を演じる岡豊(おこう)、高知中央なども力を付けている。

地方大会