佐賀大会

3大会の王者、三つどもえ

 昨秋からの県内主要3大会で優勝校がそれぞれ異なり、今年も混戦が予想される。
 連覇を狙う佐賀商は昨夏の甲子園経験者が多く残る。今春の県大会は5試合で計32得点を挙げて優勝。失策も3と少なく、二遊間の中島と済木を中心にした安定した守備力も持ち味だ。
 昨秋の県大会を制した佐賀学園は、決勝を除く4試合で先制。決勝は一時5点差をつけられたが逆転した。春の県大会も準優勝で、9年ぶりの全国選手権を目指す。
 5~6月のNHK杯は鹿島が勝ち取った。犠打を効果的に使い、計4試合はいずれも2点差以内の接戦。決勝を1失点完投した田平が粘り強く投げる。

地方大会