長崎大会

創成館、連覇へ多彩な投手

 2連覇を目指す創成館、春の県大会で優勝した長崎商、準優勝の九州文化学園などの実力校を中心に、混戦となりそうだ。
 創成館は夏の前哨戦であるNHK杯を制し、調子を上げてきた。スライダーにキレのあるエース高橋、直球に力のある194センチの長身左腕鴨打など多彩な投手がそろう。深見を軸に打撃も好調だ。
 長崎商は、好機を逃さず単打で得点を重ねる試合巧者ぶりが持ち味。九州文化学園は双子の後藤祐、遼を中心に打線に破壊力がある。
 投攻守の総合力がある佐世保実、昨夏準優勝の海星も上位争いに絡みそうだ。上対馬、壱岐など離島勢の奮闘にも注目だ。

地方大会