大分大会

明豊投手陣、豊富さが売り

 今春の選抜大会で春夏通じて初の4強入りを果たした明豊が中心となる。2年生エース若杉、ともに最速140キロ超の大畑、寺迫ら投手陣が充実。打線も表や布施、野辺、藪田を中心に切れ目がない。
 選抜大会で甲子園初勝利を収めた大分も有力だ。エース長尾が安定し、中尾や飯塚の長打力も強み。打倒明豊の最右翼として期待される。
 春の県選手権で優勝した日本文理大付も勢いに乗る。同大会ではエース翁長が3試合で完投。東門(あがりじょう)の勝負強い打撃からも目が離せない。県勢唯一の甲子園優勝校である津久見も、新チーム発足後の昨年の県選手権で優勝。守りの野球で優勝争いに加わりそうだ。

地方大会