秋田大会

本命の明桜、光る総合力

 春の県大会を制し、東北大会準優勝の明桜が総合力で一歩リードする。加藤を筆頭に切れ目のない打線と、技巧派右腕の佐々木湧と長尾がそろい、金足農に惜敗して準優勝だった昨夏の雪辱を狙う。だが、他のシード校と大きな実力差はない。春の県4強には昨秋と全く違う顔ぶれが並んだ。混戦が予想されている。
 春の県大会準優勝の能代は投手陣が安定し、準決勝までの3試合で失点4。準々決勝で明桜に惜敗した角館は、草彅や鶴岡を軸に強打を誇る。
 シード外にも好投手がひしめく。昨秋、秋田修英を初の県大会優勝に導いた左腕西岡や、春の県大会で能代を2安打に抑えた本荘の阿部将らに注目だ。

地方大会