山形大会

鶴岡東、打線に爆発力

 昨秋と今春の県大会で上位3校が全て入れ替わり、混戦となりそうだ。その中で、頭一つ抜け出すのが、春の東北大会で4強入りを果たした鶴岡東。丸山、河野を中心に打線に爆発力があり、投手層も厚い。
 追うのは大型右腕の渡辺、強打者の伊藤海らを擁する酒田南と、渡部を軸に長打が武器の日大山形。昨夏の覇者・羽黒は甲子園で先発したエース篠田の復調が鍵になる。
 今春の東北大会に初出場した山形学院は勝負強さが光り、ダークホースの筆頭候補。山形城北は多彩な変化球を操る須藤の粘投から、得意の接戦に持ち込みたい。公立勢でシード校の山形中央、長井も力がある。

地方大会