宮城大会

仙台育英、巧みな継投策

 3連覇を狙う仙台育英が総合力で頭一つ抜ける。昨夏の甲子園も経験したエース大栄を始め、豊富な投手陣が武器だ。春の県大会では6投手がベンチ入りし、継投策で4年ぶりの優勝をつかんだ。打撃では小濃や入江らに安定した長打力がある。
 春の県大会準優勝の東北も手ごわい。昨秋に同校OBの富沢清徳監督が就任してから打撃練習の比重を高めた。伊藤や中西ら好打者がそろい、県大会決勝では仙台育英を上回る12安打を放った。
 東北学院は攻守の要の遊撃手小林玲が主将を務め、春の東北大会で8強入り。最速145キロ超の右腕佐々木を擁する古川学園にも注目が集まる。

地方大会