IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ご利用のブラウザ(Internet Explorer)は、2022年6月にユーザーサポートを終了いたします。
終了後、スポーツナビの一部のページは、Internet ExplorerからMicrosoft Edgeにリダイレクトされます。

Microsoft Edgeや別のブラウザをご利用いただきますようお願いいたします。

宮城大会

試合の通知

トーナメント表

トーナメント表

見どころ

 仙台育英が優位に立つ。昨春の選抜大会で先発を任された左腕古川のほか、140キロ台中盤の速球を投げる斎藤蓉、仁田ら投手層は分厚い。好打者の秋元、住石など打線に切れ目がなく、危なげない試合運びで今春の県大会を制した。チーム一の長打力と目される斎藤陽は、けがからの復調を目指している。  東北も伊藤や小倉、ハッブスなど速球派の投手をそろえる。出塁率の高い柴田ら勝負強い打線も魅力だ。古川学園や東陵にも力がある。  公立勢の活躍も目立つ。今春の県大会で4強入りした仙台三は、犠打を絡めた手堅い攻めで点を重ねるのが持ち味だ。仙台一も上位をうかがう。

地方大会

北海道
東北
関東
北信越
東海
近畿
中国
四国
九州

新着ニュース

ニュース一覧を見る