IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ご利用のブラウザ(Internet Explorer)は、2022年6月にユーザーサポートを終了いたします。
終了後、スポーツナビの一部のページは、Internet ExplorerからMicrosoft Edgeにリダイレクトされます。

Microsoft Edgeや別のブラウザをご利用いただきますようお願いいたします。

東東京大会

試合の通知

トーナメント表

トーナメント表

見どころ

 春の関東大会準優勝の関東第一が総合力で一歩リード、強豪の帝京と選抜出場の二松学舎大付が追う展開が予想される。  関東第一は強打の井坪、増尾が打線を引っ張る。打力、守備力、走力と三拍子そろった選手が多い。制球力のある左腕桝川に加え、直球が武器の右腕成井も控える。  帝京は小島、渡辺、大塚を中心に打線に切れ目がない。2年生エースの高橋は最速145キロの直球が光る。投手陣の出来が鍵。二松学舎大付は春の都大会で6試合中4試合を逆転勝ちした。その粘り強さで連覇を目指す。  都大会8強の東京成徳大や日体大荏原、都立の小山台や城東も上位を狙う。

地方大会

北海道
東北
関東
北信越
東海
近畿
中国
四国
九州

新着ニュース

ニュース一覧を見る