IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ご利用のブラウザ(Internet Explorer)は、2022年6月にユーザーサポートを終了いたします。
終了後、スポーツナビの一部のページは、Internet ExplorerからMicrosoft Edgeにリダイレクトされます。

Microsoft Edgeや別のブラウザをご利用いただきますようお願いいたします。

長野大会

試合の通知

トーナメント表

トーナメント表

見どころ

 春の県大会4強のうち私立は1校のみ。各チームの実力が伯仲した「戦国時代」さながらの大会になりそうだ。  春を制したのは上田西。決勝までの4試合はいずれも2桁安打で打線に切れ目がない。花岡、大藪、小川は昨春の選抜大会の経験もあり、投手陣も充実している。  それを公立勢2校が追う。昨夏4強の岡谷南は小口航らを中心とした強力打線を誇る。篠ノ井の浦野は140キロ超の本格派右腕で主砲も兼ねる「二刀流」だ。  このほか、三沢、今野の左右の両エースが中心の東京都市大塩尻、昨夏代表の古豪・松商学園、複数の好投手を擁する東海大諏訪などの実力校も侮れない。

地方大会

北海道
東北
関東
北信越
東海
近畿
中国
四国
九州

新着ニュース

ニュース一覧を見る