IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ご利用のブラウザ(Internet Explorer)は、2022年6月にユーザーサポートを終了いたします。
終了後、スポーツナビの一部のページは、Internet ExplorerからMicrosoft Edgeにリダイレクトされます。

Microsoft Edgeや別のブラウザをご利用いただきますようお願いいたします。

兵庫大会

試合の通知

1回戦

※試合開催日の午前6時以降に更新します
※一部試合のみテキスト速報があります

トーナメント表

トーナメント表

見どころ

 春の近畿大会4強の報徳学園が一歩、抜けているが、強豪がひしめき混戦の様相だ。  報徳学園は昨秋からの公式戦で1試合平均7・9得点と強打が看板。エース左腕榊原が3番打者として打線も引っ張る。選抜出場の東洋大姫路は、2019年に履正社(大阪)を全国制覇に導いた岡田龍生・新監督が就き、打力向上をめざす。春の県大会で1番を打った露本ら下級生の積極起用で底上げを図る。  社は芝本、堀田ら投手層が厚く、練習試合で大阪桐蔭と競り合い手応えを得た。守備が粘り強い滝川二も上位をうかがう。昨年、春夏と甲子園に出場した神戸国際大付はノーシードから2連覇に挑む。

地方大会

北海道
東北
関東
北信越
東海
近畿
中国
四国
九州

新着ニュース

ニュース一覧を見る