IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ご利用のブラウザ(Internet Explorer)は、2022年6月にユーザーサポートを終了いたします。
終了後、スポーツナビの一部のページは、Internet ExplorerからMicrosoft Edgeにリダイレクトされます。

Microsoft Edgeや別のブラウザをご利用いただきますようお願いいたします。

愛媛大会

試合の通知

トーナメント表

トーナメント表

見どころ

 松山商、西条、松山学院、新田のシード4校の実力が伯仲している。  21年ぶりに代表を狙う松山商は、今春の県大会を17年ぶりに制した。打線のつながりがよく、4番で捕手の主将西岡がチームを引っ張る。西条は本格派右腕の高橋賢が投打の柱。昨秋、県準優勝、今春は県4強と地力がある。  悲願の初優勝をめざす松山学院は1年時から主力の主将照屋や與古田らが中心となる打線が強力だ。昨夏、初優勝を遂げた新田は昨秋の県大会も制した。2失点完投しチームの夏の甲子園初勝利に貢献した向井、力をつける森の両右腕は制球力で勝負する。今春県準優勝の松山聖陵や済美がこの4校を追う。

地方大会

北海道
東北
関東
北信越
東海
近畿
中国
四国
九州

新着ニュース

ニュース一覧を見る