IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ここから本文です

選手情報(野手)

シンシナティ・レッズ 秋山翔吾 背番号 4

日本人選手一覧へ
レッズ野手一覧へ

プロフィール

・身長/体重
183cm/86.0kg
・生年月日
1988年4月16日
・ポジション
外野手
・投打
右投左打
・出身地
神奈川県横須賀市
秋山翔吾

© Getty Images

走攻守でメジャーに対応、1番定着で安打量産を目指す

 幼稚園の卒園文集に早くも「ぷろやきゅうせんしゅになりたいです。いちろうみたいにひっとうちたいです」と書いていたように、秋山翔吾の視線の先にはいつもイチローの存在があった。そして引退したレジェンドと入れ替わるようにして、日本のヒットメーカーが待望のメジャー移籍を果たした。

 横浜創学館高校では1年からレギュラーの座をつかんだものの、3年間で甲子園出場はかなわず、卒業後は八戸大学(現八戸学院大学)へ進学。大学でも入学直後からレギュラーに定着してベストナインの常連となったほか、4年春には首位打者、打点王を獲得し、ベストナインに輝いた。

 そして2010年のドラフトで西武から3位指名を受けて入団。2011年には新人外野手としては球団史上30年ぶりとなる開幕スタメンを果たし、翌日にはプロ初安打初打点を記録。110試合に出場するなど、将来を嘱望される存在となる。3年目の2013年には正中堅手として全試合出場を果たし、初のゴールデングラブ賞を受賞した。

 2015年には初の3割となる打率.359をマークしたほか、マートンの持つシーズン最多安打の日本記録を塗り替える216安打を放ち、一躍、日本を代表する打者に成長。5年目のこの年はイチロー以来、史上2人目となる2カ月連続の月間40安打、日本歴代3位タイとなる31試合連続安打、日本タイ記録となるシーズン猛打賞27回をマークするなど、話題の多いシーズンとなった。さらにシーズン後に開催されたプレミア12の日本代表にも選出された。

 2016年には守備率10割を記録。2017年にもワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表に選出されたほか、打率.322で初の首位打者を獲得。2017年から3年連続で最多安打のタイトル、2017年から3年連続ベストナイン、2015年から5年連続ゴールデングラブ賞に輝き、2015年からリーグ初となる5年連続フルイニング出場を果たすなど、走攻守にわたる活躍で、チームの2018年から2019年のリーグ連覇に貢献した。

 また、2019年3月に東京ドームで行われたアスレチックスvsマリナーズ2連戦を、イチローの姿を目に焼きつけるためにチケットを購入して観戦。そのラストゲームを見届けた。そして日本通算打率.301、1405安打、116本塁打、513打点、112盗塁という実績を引っ提げて、2019年シーズン終了後にポスティング制度を利用してのメジャー移籍を表明。複数球団が獲得に乗り出した中で唯一、日本人選手がプレーしたことがなかった球団レッズと3年2100万ドルで契約。球団の期待を物語るように、その入団会見は2000年にケン・グリフィーがトレードで加入した時以来の大規模なものになった。

 迎えた開幕戦では代打で出場し、いきなりタイムリー安打。メジャー初打席初安打初打点というデビューを果たした。その後はメジャーに投手に苦しみ、8月を終えて打率.196だったが、カブス戦でダルビッシュから安打を放ったのをきっかけに急上昇。9月は月間打率.317をマークし、一時は下位に回っていた打順がシーズン終盤には1番を任される試合が多くなった。守備では本職の中堅に加えて左翼でも出場し、たびたび好守備を披露。足でも7盗塁を記録したほか、好判断で先の塁を奪う果敢な走塁が目立った。

 メジャー1年目の課題となった対左投手を克服すれば、1番定着の可能性は高い。イチローに憧れた男が、2021年はそのポテンシャルを存分に発揮する。

メジャーでの成績

チーム 試合数 打数 得点 安打 2塁打 3塁打 HR 打点 四球 三振 盗塁 打率
2020 レッズ 54 155 16 38 6 1 0 9 25 34 7 .245

日本での成績

チーム 試合数 打数 得点 安打 2塁打 3塁打 HR 打点 四球 三振 盗塁 打率
2011 西武 110 284 35 66 9 6 1 21 15 63 8 .232
2012 西武 107 403 50 118 17 8 4 37 28 70 10 .293
2013 西武 144 564 89 152 25 7 13 58 49 89 13 .270
2014 西武 131 475 64 123 24 6 4 47 70 98 3 .259
2015 西武 143 602 108 216 36 10 14 55 60 78 17 .359
2016 西武 143 578 98 171 32 4 11 62 77 103 18 .296
2017 西武 143 575 106 185 38 5 25 89 72 97 16 .322
2018 西武 143 603 107 195 39 8 24 82 77 96 15 .323
2019 西武 143 590 112 179 31 4 20 62 78 108 12 .303

個人成績

詳細を見る 年間成績

打率 本塁打 打点 安打 盗塁
.204 0 12 33 2