sportsnavi

ここから本文です

選手情報(投手)

テキサス・レンジャーズ ダルビッシュ有 背番号 11

日本人選手一覧へ
レンジャーズ投手一覧へ

プロフィール

・身長/体重
196cm/98kg
・生年月日
1986年8月16日
・ポジション
投手
・投打
右投右打
・出身地
大阪府羽曳野市
ダルビッシュ有

トミー・ジョン手術から本格復帰

 日本ハムで数々の賞を総なめにし、日本球界のエースとも呼ばれるまでに成長したダルビッシュ。“勝負”を求め、「もし行くぐらいなら野球をやめる」とまで言い切っていたメジャーリーグでの挑戦が始まった。

 2004年のドラフトで日本ハムから1位指名を受けたダルビッシュは、プロ1年目はわずか5勝にとどまるも、翌2006年には勝ち星を2ケタに乗せるなど成長を見せ、チームの日本一に貢献。2007年は最多奪三振、沢村賞、ゴールデングラブ賞、ベストナイン、MVPなど大きな飛躍を遂げた。以来、多彩な変化球を駆使し、毎年防御率1点台の安定したピッチングを続け、2011年には勝ち星、奪三振、防御率とキャリアハイを更新する活躍でシーズンを終えた。

 2009年にはワールド・ベースボール・クラシックの日本代表として大会連覇に貢献し、米国メディアでも特集が組まれるなど早くからメジャーの注目を集めていたダルビッシュ。2011年12月にポスティングシステムでのメジャー挑戦を表明し、交渉権を獲得したレンジャーズと6年総額6,000万ドルで契約した。

 メジャーデビュー戦は5失点をしながら白星を手にしたダルビッシュは、徐々に実力を発揮。前半戦だけで10勝を挙げてオールスターに選出されると、シーズン終盤は激しいプレーオフ争いの中で白星を重ねて16勝まで成績を伸ばし、メジャーリーグでも通用することをしっかりと証明してみせた。

 2013年にサイ・ヤング賞選考で2位の票を集める活躍を見せると、2014年は初の開幕投手に抜擢。しかし、2015年開幕前にトミー・ジョン手術を受けてシーズンを全休した。2016年5月におよそ1年10カ月ぶりに復帰すると、4年ぶりとなるポストシーズンのマウンドにも立った。

メジャーでの成績

チーム 試合数 投球回 勝利 敗戦  S  失点 自責点 被安打 被本塁打 与四球 奪三振 防御率
2012 レンジャーズ 29 191回 1/3 16 9 0 89 83 156 14 89 221 3.90
2013 レンジャーズ 32 209回 2/3 13 9 0 68 66 145 26 80 277 2.83
2014 レンジャーズ 22 144回 1/3 10 7 0 54 49 133 13 49 182 3.06
2016 レンジャーズ 17 100回 1/3 7 5 0 43 38 81 12 31 132 3.41

日本での成績

チーム 試合数 投球回 勝利 敗戦  S  失点 自責点 被安打 被本塁打 与四球 奪三振 防御率
2005 日本ハム 14 94回 1/3 5 5 0 37 37 97 7 48 52 3.53
2006 日本ハム 25 149回 2/3 12 5 0 55 48 128 12 64 115 2.89
2007 日本ハム 26 207回 2/3 15 5 0 48 42 123 9 49 210 1.82
2008 日本ハム 25 200回 2/3 16 4 0 44 42 136 11 44 208 1.88
2009 日本ハム 23 182回 15 5 0 36 35 118 9 45 167 1.73
2010 日本ハム 26 202回 12 8 0 48 40 158 5 47 222 1.78
2011 日本ハム 28 232回 18 6 0 42 37 156 5 36 276 1.44

MLBサイト内検索

個人成績

詳細を見る 年間成績

勝敗 防御率 奪三振 四球
6勝8敗0S 3.45 131 42