IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ここから本文です

選手情報(投手)

シアトル・マリナーズ 菊池雄星 背番号 18

日本人選手一覧へ
マリナーズ投手一覧へ

プロフィール

・身長/体重
183cm/91.0kg
・生年月日
1991年6月17日
・ポジション
投手
・投打
左投左打
・出身地
岩手県盛岡市
菊池雄星

© Getty Images

真価が問われる3年目、先発2番手の地位確立へ

 花巻東高校では早くから超高校級左腕として注目を集め、3年春のセンバツで準優勝。かねてからメジャー志望だったこともあり、ドラフト前にメジャー8球団と面談の席を設けた。だが「日本の方全員に認められてから世界でプレーしたい」として、最終的に日本球界入りを表明。その後のドラフトで6球団競合の末、西武へ入団した。

 1年目は左肩のリハビリに費やしたが、2年目の2011年にプロ初勝利や初完投をマーク。2013年には9勝を挙げ、防御率1点台を記録するなど、先発として台頭した。だが、課題となっていたコントロールの改善が見られず、2014年は5勝11敗、2015年は9勝10敗と2年連続で負け越した。

 2016年は初の開幕投手を担い、12勝を挙げるとともに規定投球回数をクリア。2017年には150キロ台中盤の速球と鋭い変化球を武器に、さらに凄みを増した投球で16勝、防御率1.97をマーク。初の投手タイトルを獲得したほか、リーグ最多完封、リーグ最多投球回を記録し、日本を代表する左腕に成長した。

 2018年は3年連続となる開幕投手を務め、開幕から5連勝。前半戦だけで8勝を挙げてチームを勢いに乗せ、10年ぶりのリーグ優勝の原動力となった。そしてオフには満を持してメジャー移籍を表明。FA市場の目玉の一人として注目されるほどの争奪戦となり、最大7年1億900万ドルの大型契約でマリナーズへ入団した。かつて憧れの存在として、同じ左腕のクレイトン・カーショーやランディ・ジョンソンの名を挙げるなど、高校時代から胸に秘めていたメジャー入りが実現し、入団会見では流暢な英語を披露した。

 そして開幕シリーズとなった、3月21日の東京ドームにおけるアスレチックス戦でメジャー初登板初先発。この試合後にチームメートのイチローが現役引退を発表し、涙を流しながらハグを交わした。なかなか勝てない苦しみを味わうも、6度目の先発登板となった4月20日のエンゼルス戦で5回10安打4失点ながら待望のメジャー初勝利を挙げた。

 6月8日のエンゼルス戦では高校の後輩でもある大谷翔平とのメジャー初対決が実現。一発を浴びるなど3打数2安打と苦杯を喫した。だが、2度目の対戦となった7月14日の試合では、第1打席こそ四球を与えたものの、第2打席で空振り三振を奪った。3度目の対戦となった7月22日の試合は見逃し三振、内野ゴロ、二塁打で3打数1安打。両者の対戦は日本のみならずアメリカでも注目された。

 8月18日のブルージェイズ戦では2安打8奪三振でメジャー初完封をマーク。シーズンを通してローテーションを守り続けたものの、メジャーワースト3位タイの被本塁打36を献上するなど、苦しい投球が目立った。

 2020年も安定感に欠き、フォームも試行錯誤を重ねた。負けが先行し、防御率は2年連続となる5点台。エースのマルコ・ゴンザレスに次ぐ活躍が期待されたが、結果は残せなかった。

 メジャー3年目は真価が問われる年となる。昨年の外出自粛期間に取り組んだ新チェンジアップを磨き、先発ローテーション2番手としての地位を確立し、西武時代のようなチームをけん引する活躍を期待したい。

メジャーでの成績

チーム 試合数 投球回 勝利 敗戦  S  失点 自責点 被安打 被本塁打 与四球 奪三振 防御率
2019 マリナーズ 32 161回 2/3 6 11 0 109 98 195 36 50 116 5.46
2020 マリナーズ 9 47回 2 4 0 27 27 41 3 20 47 5.17

日本での成績

チーム 試合数 投球回 勝利 敗戦  S  失点 自責点 被安打 被本塁打 与四球 奪三振 防御率
2011 西武 10 54回 1/3 4 1 0 26 25 63 6 8 24 4.14
2012 西武 14 81回 1/3 4 3 1 34 28 75 5 25 57 3.10
2013 西武 17 108回 9 4 0 28 23 79 5 44 92 1.92
2014 西武 23 139回 2/3 5 11 0 61 55 133 9 78 111 3.54
2015 西武 23 133回 9 10 0 48 42 97 9 55 122 2.84
2016 西武 22 143回 12 7 0 51 41 117 7 67 127 2.58
2017 西武 26 187回 2/3 16 6 0 49 41 122 16 49 217 1.97
2018 西武 23 163回 2/3 14 4 0 59 56 124 16 45 153 3.08

個人成績

詳細を見る 年間成績

勝敗 防御率 奪三振 四球
7勝9敗0S 4.41 163 62