ここから本文です

チーム情報

ア・リーグ中地区

チーム一覧へ戻る
デトロイト・タイガース
デトロイト・タイガース Detroit Tigers

プロフィール

 1901年のア・リーグ創設に参加し、以降、本拠地とチーム名を一度も変更することなく現在まで続いている。

「球聖」タイ・カッブを擁し、1907年からリーグ3連覇。ハンク・グリーンバーグらの活躍で1934年からリーグ連覇を果たし、1935年には悲願のワールドシリーズ初制覇。その後も1945年に25勝をマークしたハル・ニューハウザーらの活躍で、1968年にはウィリー・ホートンやアル・ケーラインらの活躍で、それぞれワールドシリーズ制覇を果たした。

 1979年途中からスパーキー・アンダーソン監督が就任し、1984年にはエースのジャック・モリスを中心に、圧倒的強さでリーグを制覇し、そのまま世界一に輝いた。アンダーソン政権は1995年まで続いたが、その退任後は優勝からは遠ざかり、2年連続本塁打王や3年連続打点王に輝いた元阪神のセシル・フィルダーらを擁しながらも低迷期へ突入。2003年にはア・リーグのワースト記録となる119敗を喫した。

 この泥沼を脱出するべく、2002年に就任したデーブ・ドンブロウスキーGMはイバン・ロドリゲス、ケニー・ロジャースら大物選手を次々と補強。ジム・リーランド監督が就任した2006年にはジャスティン・バーランダーが新人王に輝く活躍もあって、22年ぶりにリーグの頂点に立った。

 2011年にはサイ・ヤング賞とMVPをダブル受賞したバーランダー、好打者ビクター・マルティネス、2008年からチームに加入した首位打者ミゲル・カブレラらがチームをけん引し、24年ぶりに地区優勝。2012年にはカブレラが45年ぶりとなる三冠王に輝き、2014年まで地区4連覇を達成するなど黄金期を築いた。だが、世界一には手が届かず、2012年のワールドシリーズではジャイアンツに4連敗を喫した。

 2015年に地区最下位に転落し、2016年には地区2位となるも、2017年は再び地区最下位。シーズン途中には大エースのバーランダーを放出するなど、一気に再建に舵を切った。ロン・ガーデンハイアー監督が就任した2018年も、地区3位ながら借金34と大きく負け越し。エースのマイケル・フルマーが3勝12敗と大不振で、長くチームを支えた主力マルティネスもシーズン限りで現役生活に別れを告げた。

 2019年も再建期は続き、両リーグワーストの47勝114敗(勝率.292)という成績で終了。ホームでの59敗はメジャー史上ワーストタイ記録だった。復活が期待されていたフルマーも右肘手術で全休。ローテーション投手のジョーダン・ジマーマンは1勝13敗、防御率6.91、スペンサー・ターンブルは3勝17敗、マット・ボイドはリーグワーストの被本塁打39という惨状。打線もブランドン・ディクソンの15本塁打がチーム最多で、主砲カブレラもわずか12本塁打に終わるなど、かつての打棒は鳴りを潜めた。

 2020年へ向けて、ともにツインズからFAの25本塁打のC.J.クローン、23本塁打のジョナサン・スクープを獲得したが、懸念の投手陣はホワイトソックスからFAのイバン・ノバを獲得した程度。再建期からの出口を見いだすことはできるか?

スタジアム紹介

 老朽化が進んでいたタイガー・スタジアムに代わって、2000年にデトロイトのダウンタウンに開場。センターまでの128メートルはメジャーのどの球場よりも深く、開場から3試合も本塁打が出なかった。一方で三塁打が出やすい球場となっている。2007年にジャスティン・バーランダーがノーヒットノーランを達成したほか、2010年にはアルマンド・ガララーガの幻の完全試合の舞台となった。回転木虎やボールのデザインの観覧車のほか、至る所に虎の銅像があり、アトラクション的な要素も備えている。モーターシティではあるが、デトロイト中心部を巡回する交通システムDPMの「Grand Circus Park」駅の利用も可能。付近にはNFLデトロイト・ライオンズの本拠地フォード・フィールドやFOXシアターなどがあり、カナダとの国境もほんの数キロ先にある。開場時に大手銀行コメリカ・バンクが30年間の命名権を落札。

新着ニュース

チームデータ

創設 1901年
オーナー クリストファー・イリッチ
監督 ロン・ガーデンハイアー
Wシリーズ優勝 4回
リーグ優勝 11回
地区優勝 7回
Wカード獲得 1回
在籍した日本人 木田優夫(1999〜2000年)
野茂英雄(2000年)

過去11年間の成績

2009年 中地区2位
2010年 中地区3位
2011年 中地区優勝、リーグ優勝決定シリーズ敗退
2012年 中地区優勝、ワールドシリーズ敗退
2013年 中地区優勝、リーグ優勝決定シリーズ敗退
2014年 中地区優勝、地区シリーズ敗退
2015年 中地区5位
2016年 中地区2位
2017年 中地区5位
2018年 中地区3位
2019年 中地区5位

スタジアム概要

名称 コメリカ・パーク
オープン年 2000年
仕様 天然芝、屋外
左翼 105m
中堅 128m
右翼 101m
収容人数 4万1083人