sportsnavi

ここから本文です

チーム情報

ア・リーグ東地区

チーム一覧へ戻る
ボストン・レッドソックス
ボストン・レッドソックス Boston Red Sox

プロフィール

 ア・リーグ創設の1901年に誕生した名門で、本拠地を一度もボストンから移したことがない。誕生時の球団名はアメリカンズ。

 1918年まで1903年の第1回を含めワールドシリーズを5度制覇したが、1920年にベーブ・ルースをヤンキースに放出してからはなかなか世界一に手が届かず、ルースの愛称から「バンピーノの呪い」と呼ばれるようになった。2004年に就任1年目のテリー・フランコーナ監督の下でワールドシリーズを制覇するまで呪いは86年も続いた。

 最後の4割打者テッド・ウィリアムス、三冠王カール・ヤストレムスキー、ロケットの異名を取った剛球投手ロジャー・クレメンス、サイ・ヤング賞3度の名投手ペドロ・マルティネス、3度の本塁打王に輝いたジム・ライス、名遊撃手ノマー・ガルシアパーラら、歴史に名を残す選手も多数在籍。また、日本人選手ともゆかりが深く、2001年には野茂英雄が在籍し、2007年シーズン前にはポスティング制度で松坂大輔を獲得した(入札額は5111万1111ドル11セント)。

 2007年は松坂がシーズンを通して先発ローテーションを守り、打線もケビン・ユーキリスの勝負強い打撃や新人王に輝いたダスティン・ペドロイアの攻守などが光り、3年ぶりにワールドシリーズを制覇。しかし、ボビー・バレンタイン監督が就任した2012年は監督と選手が対立するなど内部崩壊。松坂をはじめ主力選手が次々と放出され、バレンタイン監督もわずか1年で解任された。

 ジョン・ファレル監督が就任した2013年は一転してジョン・レスターやクレイ・バックホルツらの投手陣とジャコビー・エルズベリーやマイク・ナポリらの打線が奮起してリーグ優勝。上原浩治がポストシーズンで7セーブを挙げる活躍などで6年ぶりに世界一に立った。2014年からは2年連続で地区最下位に沈むも、2016年はシーズン前の大型補強が実って地区優勝。ビッグ・パピの愛称で親しまれ、長く主軸を務めたデービッド・オルティスがこの年限りで引退した。

 アレックス・コーラ監督が就任した2018年はクリス・セール、デービッド・プライスの両左腕、抑えクレイグ・キンブレルらの投手力と、J.D.マルティネス、ザンダー・ボガーツらを中心とした強力打線がかみ合い、シーズン108勝という圧倒的強さで地区3連覇。その勢いのまま5年ぶりにワールドシリーズを制覇した。2019年もライバルのヤンキースとハイレベルなマッチレースを展開することが予想される。

スタジアム紹介

 1912年に開場した「ファンにもっとも愛されている球場」で、現存するメジャーの本拠地ではもっとも古い。ボストンのダウンタウンに位置するため拡張が難しく、老朽化、収容能力などの問題から球団は何度となく新球場建設を計画するも、そのたびにファンの猛烈な反対を受けて断念。改修工事を繰り返しながら共存する道を選んでいる。球場名物は1934年に完成した、高さ約11メートルのレフトフェンス「グリーンモンスター」で、右打者の本塁打を阻む壁となっている。また、ライト側の観客席がファウルゾーンを侵食するようにせり出ているため、ライトのファウルゾーンへ飛び込むエンタイトル二塁打も多い。チケットの入手が難しい球場であることでも知られ、2003年から2013年まで794試合連続札止めを記録した。

新着ニュース

チームデータ

創設 1901年
オーナー ジョン・ヘンリー
監督 アレックス・コーラ
Wシリーズ優勝 9回
リーグ優勝 14回
地区優勝 10回
Wカード獲得 7回
在籍した日本人 大家友和(1999〜2001年)
野茂英雄(2001年)
松坂大輔(2007年〜2012年)
岡島秀樹(2007〜2011年)
斎藤隆(2009年)
田沢純一(2009〜2016年)
上原浩治(2013年〜2016年)

過去10年間の成績

2009年 ワイルドカード、地区シリーズ敗退
2010年 東地区3位
2011年 東地区3位
2012年 東地区5位
2013年 東地区優勝、ワールドシリーズ優勝
2014年 東地区5位
2015年 東地区5位
2016年 東地区優勝、地区シリーズ敗退
2017年 東地区優勝、地区シリーズ敗退
2018年 東地区優勝、ワールドシリーズ優勝

スタジアム概要

名称 フェンウェイ・パーク
オープン年 1912年
仕様 天然芝、屋外
左翼 95m
中堅 119m
右翼 92m
収容人数 3万7755人