sportsnavi

ここから本文です

チーム情報

ナ・リーグ中地区

チーム一覧へ戻る
ピッツバーグ・パイレーツ
ピッツバーグ・パイレーツ Pittsburgh Pirates
2017年12月16日8時10分 更新

チーム順位・成績

順位4[ナショナル・リーグ中地区]

打率.24414位

本塁打数15114位

打点63513位

防御率4.227位

勝利数759位

セーブ数369位

プロフィール

 1882年にアルゲニーズとして誕生。87年からナ・リーグに加盟し、91年にはパイレーツと改名した。ア・ナの2リーグ制となった1901年からは巧打堅守のホーナス・ワグナーを擁してリーグ3連覇。03年には初開催のワールドシリーズで敗れたが、再びリーグ優勝した09年はタイガースを下して初の世界一に輝いた。

 25年に2度目のワールドチャンピオンとなって以降は王座から遠ざかり、再び頂点に立ったのは60年。ワールドシリーズ第7戦をビル・マゼロスキーのサヨナラ弾で制し、強豪ヤンキースを撃破する劇的な幕切れだった。

 70年代にはスター選手ロベルト・クレメンテを飛行機事故で失う悲劇もあったが、大砲ウィリー・スタージェルらの活躍で地区優勝6回。リーグを制した71、79年は、ともに世界一に輝いた。

 90年からはジム・リーランド監督の下、走攻守3拍子そろったバリー・ボンズらを中心に地区3連覇を達成するも、プレーオフでことごとく敗退。その後はプレーオフ争いとほぼ無縁のシーズンばかりが続き、2012年までアメリカ4大スポーツ(MLB、NFL、NBA、NHL)最長の20シーズン連続負け越しを記録した。

 しかし、走攻守の揃ったアンドルー・マカチェンらを軸に戦力を整え、2015年には1991年以来となる勝率6割超えで3年連続のポストシーズン進出を果たした。

スタジアム紹介

 2006年のオールスターが開催されたPNCパークは、パイレーツの本拠地として2001年にオープン。球団創設時のニックネームの由来ともなったアルゲニー川や、ダウンタウンの街並みなどが一望できる外野後方の景観は抜群。川にかかる橋は、往年のチームの英雄の名を冠して「ロベルト・クレメンテ橋」と名づけられており、21フィート(約6メートル)という右翼フェンスの高さも、クレメンテの背番号「21」にちなんだもの。

新着ニュース

チームデータ

創設 1887年
オーナー ボブ・ナッティング
監督 クリント・ハードル
Wシリーズ優勝 5回
リーグ優勝 9回
地区優勝 9回
Wカード獲得 1回
在籍した日本人 桑田真澄(2007年)
岩村明憲(2010年)
高橋尚成(2012年)

過去11年間の成績

2006年 中地区5位
2007年 中地区6位
2008年 中地区6位
2009年 中地区6位
2010年 中地区6位
2011年 中地区4位
2012年 中地区4位
2013年 ワイルドカード、地区シリーズ敗退
2014年 中地区2位、ワイルドカードゲーム敗退
2015年 中地区2位、ワイルドカードゲーム敗退
2016年 中地区3位

スタジアム概要

名称 PNCパーク
オープン年 2001年
仕様 天然芝、屋外
左翼 99.1m
中堅 121.6m
右翼 97.5m
収容人数 3万8362人