sportsnavi

ここから本文です

チーム情報

ナ・リーグ中地区

チーム一覧へ戻る
ミルウォーキー・ブリュワーズ
ミルウォーキー・ブリュワーズ Milwaukee Brewers

プロフィール

 1969年の球団拡張でシアトル・パイロッツとして誕生し、当初はア・リーグに所属していた。しかし、わずか1年で経営に行き詰まり、のちにMLBコミッショナーとなるバド・セリグ氏が球団を買収してビールで有名なミルウォーキーへ移転し、醸造者を意味するブルワーズに改称した。

 ストライキによって前後期制となった1981年に後期優勝を果たし、1982年にはロビン・ヨーント、ポール・モリター、セシル・クーパー、ゴーマン・トーマスらの強力打線で初のリーグ優勝を果たした。1985年には江夏豊がキャンプに参加したが、メジャー入りは果たせず、そのままユニホームを脱いだ。

 球団拡張に伴って1998年からナ・リーグに編入。2001年には新球場がオープンするも低迷が続き、2002年から3年連続で地区最下位に沈んだ。ようやく低迷ムードを払拭したのは2008年。セシル・フィルダーとライアン・ブラウンの大砲コンビと、シーズン途中で獲得した左腕CC・サバシアらの活躍でワイルドカードでプレーオフに進出した。

 ザック・グリンキー、ショーン・マーカムら先発陣を補強して迎えた2011年はナ・リーグ編入後初となる地区優勝。しかし、リーグ優勝決定シリーズでカージナルスに敗れ、史上初の両リーグからのワールドシリーズ進出はならず、オフにはフィルダーを放出した。

 青木宣親が加入した2012年は、ブラウンが本塁打王、さらに2年連続のトリプルスリーを達成するも地区3位に終わり、2013年途中にはブラウンが薬物違反により出場停止処分を受けてチームも優勝争いに加われなかった。

 2015年、2016年は勝ち越せなかったが、2017年はドミンゴ・サンタナ、トラビス・ショー、エリク・テムズの30発トリオなどの活躍で地区2位に入り、クレイグ・カウンセル監督就任4年目の2018年にはオフの積極補強が成功して7年ぶりの地区制覇を果たした。

 2018年に移籍1年目で首位打者に輝き、リーグトップに2差の36本塁打、リーグトップに1差の110打点と、三冠王に迫る活躍を見せたクリスチャン・イエリチがMVPを受賞。35本塁打のヘスス・アギュラー、2年連続打率3割をマークしているロレンゾ・ケーン、チーム生え抜きのブラウンらなど、力のある打者がそろう。投手陣では新加入のジョーリス・チャシーンが先発陣の軸として15勝を挙げた。37年ぶりのリーグ制覇、そして初のワールドシリーズ制覇も可能な戦力は整っている。

スタジアム紹介

 1970年から使用していたカウンシル・スタジアムの老朽化に伴い、2001年に開場した開閉式屋根付きの野球専用球場。建設中にクレーンが倒れた事故により当初の予定よりも完成が1年遅れた。左中間と右中間の膨らみが少ないのが特徴で、フランチャイズプレーヤーとして永久欠番にもなっているロビン・ヨーントがフィールドの設計を担当した。ブルワーズの選手が本塁打を打つと外野スタンドの滑り台を降りてくるマスコット「バーニー・ブルワー」と、着ぐるみによる「ソーセージレース」が球場名物。2017年にはフロリダ半島を直撃したハリケーンの影響で、マーリンズ3連戦をマーリンズ主催試合として行った。世界3大ビール産地ミルウォーキーだけあって、地元のビール会社ミラーが2020年までの命名権を取得。

新着ニュース

チームデータ

創設 1969年
オーナー マーク・アタナシオ
監督 クレイグ・カウンセル
Wシリーズ優勝 なし
リーグ優勝 1回
地区優勝 4回
Wカード獲得 1回
在籍した日本人 野茂英雄(1999年)
マック鈴木(2001年)
野村貴仁(2002年)
大家友和(2005年〜2006年)
斎藤隆(2011年)
青木宣親(2012年〜2013年)

過去10年間の成績

2009年 中地区3位
2010年 中地区3位
2011年 中地区優勝、リーグ優勝決定シリーズ敗退
2012年 中地区3位
2013年 中地区4位
2014年 中地区3位
2015年 中地区4位
2016年 中地区4位
2017年 中地区2位
2018年 中地区優勝、リーグ優勝決定シリーズ敗退

スタジアム概要

名称 ミラー・パーク
オープン年 2001年
仕様 天然芝、開閉式屋根
左翼 105m
中堅 122m
右翼 105m
収容人数 4万1900人