sportsnavi

ここから本文です

チーム情報

ナ・リーグ西地区

チーム一覧へ戻る
サンフランシスコ・ジャイアンツ
サンフランシスコ・ジャイアンツ San Francisco Giants
2017年5月1日1時10分 更新

チーム順位・成績

順位5[ナショナル・リーグ西地区]

打率.23213位

本塁打数1615位

打点7814位

防御率4.5312位

勝利数915位

セーブ数510位

2017年5月1日現在

日程・結果

月日(曜日) 対戦カード(結果) 勝・敗投手

4月28日(金)

1-5
[結果]
vs. ドジャース ホーム (負け)コリー・ゲアリン
0勝1敗

4月29日(土)

4-3
[結果]
vs. パドレス ホーム (勝ち)デレク・ロー
3勝0敗

4月30日(日)

4-12
[結果]
vs. パドレス ホーム (負け)クリス・ストラットン
0勝1敗

5月1日(月)

- 5:05 vs. パドレス ホーム [予想先発]タイ・ブラック

5月2日(火)

- 11:10 vs. ドジャース ビジター [予想先発]ジョニー・クエト

5月3日(水)

- 11:10 vs. ドジャース ビジター [予想先発]マット・ムーア

5月4日(木)

- 11:10 vs. ドジャース ビジター [予想先発]ジェフ・サマージャ
チーム日程一覧へ
※日本時間で表示しています。 ※:インターリーグ
※試合開始時間は変更になる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
※[予想先発]はチームのローテーションから予想される先発投手です。
 実際に先発する投手と異なる場合がございます。

プロフィール

 1883年にニューヨークを本拠地としてナ・リーグに参加した。1904年にはリーグ優勝を果たしたが、ジョン・マグロー監督が新興ア・リーグとの対戦を拒否したためワールドシリーズは行われなかった。しかし翌年はワールドシリーズに出場し、初優勝を飾っている。

 メル・オット、ウィリー・メイズといった名選手を輩出するなどニューヨークの強豪チームとして君臨するが、57年シーズン終了後に西海岸のサンフランシスコへ移転。62年には移転後初めてリーグ優勝した。

 だが、同時期にニューヨークからロサンゼルスへ移ったドジャースとは対照的にワールドシリーズ優勝に縁がない時期が長く続いた。90年代半ばからは歴代最多本塁打を誇るバリー・ボンズがチームをけん引。新庄剛志が加入した2002年にはワールドシリーズまで進んだがエンゼルスに敗れた。

 その後は世代交代が進み、2年連続サイ・ヤング賞のティム・リンスカム、新人王の捕手バスター・ポージーらが台頭。2010年にはついに西海岸移転後では初となるワールドシリーズ制覇を成し遂げた。さらに2012年、2014年はワイルドカードから頂点に登りつめ、2年おきに世界一へ。ジンクスの年として注目を集めた2016年もワイルドカードからポストシーズンに進んだものの、惜しくも地区シリーズ敗退に終わった。

スタジアム紹介

 2000年完成の新球場だが、現在の名称は早くも3つ目。当初のパシフィックベル・パークからSBCパークを経て、2006年からAT&Tパークとなった。右翼場外はサンフランシスコ湾の入り江になっており、かつての名選手ウィリー・マッコビーにちなんでマッコビー湾と呼ばれている。その海に着弾する場外ホームランは「スプラッシュ・ヒット」と称され、長年チームの顔だったバリー・ボンズの打ち込むホームランボールを目当てにボートで待ちかまえるファンも多かった。

MLBサイト内検索

新着ニュース

チームデータ

創設 1883年
オーナー ローレンス.M.ベアー
監督 ブルース・ボウチー
Wシリーズ優勝 8回
リーグ優勝 23回
地区優勝 8回
Wカード獲得 3回
在席した日本人 村上雅則(1964〜1965年)
新庄剛志(2002年)
藪恵壹(2008年)
田中賢介(2013年)
青木宣親(2015年)

過去11年間の成績

2006年 西地区3位
2007年 西地区5位
2008年 西地区4位
2009年 西地区3位
2010年 西地区優勝、ワールドシリーズ優勝
2011年 西地区2位
2012年 西地区優勝、ワールドシリーズ優勝
2013年 西地区4位
2014年 ワイルドカード、ワールドシリーズ優勝
2015年 西地区2位
2016年 ワイルドカード、地区シリーズ敗退

スタジアム概要

名称 AT&Tパーク
オープン年 2000年
仕様 天然芝、屋外
左翼 103.3m
中堅 121.6m
右翼 94.2m
収容人数 4万1915人