sportsnavi

ここから本文です

チーム情報

ナ・リーグ西地区

チーム一覧へ戻る
コロラド・ロッキーズ
コロラド・ロッキーズ Colorado Rockies
2017年10月18日20時10分 更新

チーム順位・成績

順位3[ナショナル・リーグ西地区]

打率.2731位

本塁打数19210位

打点7932位

防御率4.519位

勝利数875位

セーブ数473位

プロフィール

 1993年の球団拡張でマーリンズとともに誕生。1年目は67勝で西地区最下位に終わるが、シーズンのメジャー新記録となる448万3,350人を動員した。95年にはアンドレス・ガララーガ、ダンテ・ビシェット、ラリー・ウォーカー、ビニー・カスティーヤによる「ブレーク・ストリート・ボンバーズ」が大爆発。強力打線でワイルドカードを手にし、初のプレーオフ進出を果たした。

 しかし、そんな打線に陰りが見え始めると、チーム成績も徐々に下降。98年以降は4位と5位を行ったり来たりの下位争いに終始していた。そんな中でチームを引っ張る存在となったのがトッド・ヘルトン。長打力もあるアベレージヒッターとしてチームの新しい顔となった。

 2007年は松井稼頭央、強打の遊撃手トロイ・トロウィツキーらが力を発揮し、シーズン終盤に怒とうの快進撃。逆転でワイルドカードを獲得し、プレーオフでも7連勝を飾って初のリーグ優勝を成し遂げた。その後、2009年にもワイルドカードでプレーオフに進出している。

 2010年は若手有望株のカルロス・ゴンザレスが首位打者に輝き、新たな主砲としてチームをけん引。しかし、投手不利な本拠地ゆえになかなかチーム成績に結びつかず、2011年から6年連続で勝率5割を割り込むなど低迷に歯止めがかかっていない。

スタジアム紹介

 1995年4月にオープン。標高1マイル(約1600メートル)の地点にあって気圧が低く、かつ空気が乾燥しているため、打球が伸びることで知られる。「打者天国」とも言われているが、96年にはこの球場で野茂英雄が史上唯一のノーヒットノーランを達成している。なお、近年はボールに加湿処理を加えて飛距離を抑える試みがなされている。

MLBサイト内検索

新着ニュース

チームデータ

創設 1993年
オーナー リチャード.L.モンフォートほか
監督 バド・ブラック
Wシリーズ優勝 なし
リーグ優勝 1回
地区優勝 なし
Wカード獲得 3回
在籍した日本人 吉井理人(2000年)
マック鈴木(2001年)
松井稼頭央(2006〜2007年)

過去11年間の成績

2006年 西地区4位
2007年 ワイルドカード、ワールドシリーズ敗退
2008年 西地区3位
2009年 ワイルドカード、地区シリーズ敗退
2010年 西地区3位
2011年 西地区4位
2012年 西地区5位
2013年 西地区5位
2014年 西地区4位
2015年 西地区5位
2016年 西地区3位

スタジアム概要

名称 クアーズ・フィールド
オープン年 1995年
仕様 天然芝、屋外
左翼 105.8m
中堅 126.5m
右翼 106.7m
収容人数 5万381人