IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ここから本文です

チーム情報

ナ・リーグ西地区

チーム一覧へ戻る
コロラド・ロッキーズ
コロラド・ロッキーズ Colorado Rockies
2021年6月13日17時40分 更新

チーム順位・成績

順位4[ナショナル・リーグ西地区]

打率.2422位

本塁打5614位

打点2587位

防御率5.0014位

勝利2513位

セーブ1013位

2021年6月13日現在

日程・結果

月日(曜日) 対戦カード(結果) 勝・敗投手

6月10日(木)

4-3
[結果]
vs. マーリンズ ビジター (勝ち)オースティン・ゴンバー

6月11日(金)

4-11
[結果]
vs. マーリンズ ビジター (負け)チチ・ゴンザレス

6月12日(土)

5-11
[結果]
vs. レッズ ビジター (負け)カイル・フリーランド

6月13日(日)

3-10
[結果]
vs. レッズ ビジター ヘルマン・マルケス

6月14日(月)

- 2:10 vs. レッズ ビジター [予想先発]アントニオ・センザテーラ

6月15日(火)

- 9:40 vs. パドレス ホーム [予想先発]オースティン・ゴンバー

6月16日(水)

- 9:40 vs. パドレス ホーム -
チーム日程一覧へ
※日本時間で表示しています。 ※:インターリーグ
※試合開始時間は変更になる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
※[予想先発]はチームのローテーションから予想される先発投手です。
 実際に先発する投手と異なる場合がございます。

プロフィール

 1993年の球団拡張に伴って創設。成績こそ振るわなかったものの、1年目からメジャー最多となる観客動員数を記録するなど、すぐに人気球団となった。

 海抜1マイル(約1609メートル)の高地に位置することから空気が薄くて打球が飛ぶため、早くから打撃に特化したチーム作りに着手。3年目の1995年には40本塁打のダンテ・ビシェット、36本塁打のラリー・ウォーカー、32本塁打のビニー・カスティーヤ、31本塁打のアンドレス・ガララーガらの強力打線でワイルドカードからポストシーズンに初進出した。

 その後はしばらく低迷するも、2007年にクリント・ハードル監督の下、マット・ホリデー、トッド・ヘルトン、ブラッド・ホープ、トロイ・トロウィツキー、松井稼頭央らの強力打線を擁し、ワイルドカードでポストシーズンへ。フィリーズ、ダイヤモンドバックスを下して15年目で初のリーグ優勝を果たしたが、ワールドシリーズではレッドソックスに敗れた。

 2009年にもヘルトン、トロウィツキーのほか、走攻守三拍子そろったスター候補カルロス・ゴンザレスが台頭し、ワイルドカードでポストシーズン進出。しかし、フィリーズに地区シリーズで敗れた。その後は優勝争いから遠ざかり、1997年からチームの顔として活躍したフランチャイズプレーヤーのヘルトンが2013年限りで引退。投手不利の球場で2010年に19勝、防御率2点台をマークしたウバルド・ヒメネスも2011年途中で放出された。

 低迷期から脱出する転機となったのは、ノーラン・アレナドとトレバー・ストーリーの台頭。アレナドは2015年から2年連続で本塁打王と打点王を獲得し、ストーリーはメジャーデビューした2016年に27本塁打を放つなど、メジャー屈指の三遊間となり、打線をけん引する存在となった。

 2017年にバド・ブラック新監督が就任すると、リーグトップのチーム打率を記録してポストシーズンへ進出。強打の1番打者チャーリー・ブラックモンが首位打者を獲得したほか、グレッグ・ホランドがセーブ王に輝き、球団創設以来初となる投手タイトルを獲得した。

 2018年は左腕カイル・フリーランドが17勝、防御率2点台の活躍。同じ勝ち星で並んだドジャースに「163試合目」で敗れて地区優勝こそ逃したものの、やはり2年連続でワイルドカードに滑り込んだ。アレナドは4年連続のシルバースラッガー賞、ストーリーも初のシルバースラッガー賞に輝いた。一方で長年チームの主力として活躍してきたゴンザレスが2018年限りで退団した。

 2019年はチーム防御率が前年の4.33から5.56へと悪化し、エースのフリーランドが3勝11敗、防御率6.73、クローザーのウェード・デービスが防御率8.65と不振。自慢の強力打線も投壊をカバーするまでは至らず、地区4位で終わった。

 2020年は、投手陣がリーグ最下位の防御率に沈み、打撃陣も主砲のアレナドが故障に苦しむなど、長打率が球団史上ワーストの.405。9月に失速し、地区4位に終わった。そんな中で、アレナドと並ぶチームの顔ストーリーが盗塁王を獲得。さらに、2013年を最後にメジャーのマウンドから遠ざかり、2017年シーズンを最後に一度は引退したダニエル・バードが8年ぶりの白星を挙げ、シーズン終盤にはクローザーに就任。カムバック賞を受賞し、話題を呼んだ。

 2021年は大型トレードでアレナドをカージナルスに放出。球団初の地区優勝、14年ぶりのリーグ優勝ではなくチーム再建を選択した。右腕ヘルマン・マルケス、右腕ジョン・グレイ、2020年のチーム勝ち頭の右腕アントニオ・センザテーラ、フリーランドら、先発陣のレベルアップは必須で、若手有望株左腕ライアン・ロリソンのメジャーデビューと先発陣入りの可能性もある。救援陣はタイラー・キンリー、エンシー・アルモンテらがバードにつなぐ。アレナドが抜けた打線はストーリー、最近5年間で4度も打率3割をマークしているチャーリー・ブラックモン、メジャー3年目のジョシュ・フエンテスらが中心。若手ではメジャー3年目の二塁手ブレンダン・ロジャースの成長に期待がかかる。また、強打の外野手イアン・デズモンドは2年連続の全休を選択した。

スタジアム紹介

 1995年に開場した野球専用球場で、メジャーの本拠地ではもっとも高地に位置する。3階席20列目の座席のみ紫色になっていて、標高1マイルの地点であることを示している。球団創設から2年間はNFLデンバー・ブロンコスと兼用のマイル・ハイ・スタジアムを使用していた。もともと駅があった場所に立地しており、その名残で鉄骨が目立つ外観となっている。打球が飛ぶことから打者天国として知られるこの球場で、1996年に野茂英雄が球場史上唯一のノーヒットノーランを達成。2016年にはイチローがメジャー通算3000本安打を放った。また、2005年7月9日のパドレス戦まで「1-0」のスコアで終わった試合はなかった。2013年にはロッキーズvsブレーブスの試合が−5℃の寒さの中で行われた。ロッキーズの選手が本塁打を打つとセンターバックスクリーン付近に設置されている噴水から水が上がるのが名物。寒冷地に立地していることからグラウンドの下には暖房システムが通っている。地元のビール会社クアーズが命名権を保持。

新着ニュース

チームデータ

創設 1993年
オーナー リチャード・モンフォート、チャールス・モンフォート
監督 バド・ブラック
Wシリーズ優勝 なし
リーグ優勝 1回
地区優勝 なし
Wカード獲得 5回
在籍した日本人 吉井理人(2000年)
マック鈴木(2001年)
松井稼頭央(2006〜2007年)

過去11年間の成績

2010年 西地区3位
2011年 西地区4位
2012年 西地区5位
2013年 西地区5位
2014年 西地区4位
2015年 西地区5位
2016年 西地区3位
2017年 西地区3位、ワイルドカードゲーム敗退
2018年 ワイルドカード、地区シリーズ敗退
2019年 西地区4位
2020年 西地区4位

スタジアム概要

名称 クアーズ・フィールド
オープン年 1995年
仕様 天然芝、屋外
左翼 106m
中堅 126m
右翼 107m
収容人数 5万144人