ここから本文です

チーム情報

ア・リーグ東地区

チーム一覧へ戻る
ボルティモア・オリオールズ
ボルティモア・オリオールズ Baltimore Orioles

プロフィール

 ア・リーグ創立の1901年に誕生。当初の名称はミルウォーキー・ブリュワーズ(現存の球団とは別)だった。1902年にセントルイスに移転してセントルイス・ブラウンズとなり、1954年にボルティモアに移転して現在の名称となった。2004年にイチローに破られるまでシーズン最多安打記録を保持していたジョージ・シスラーが在籍していたのがブラウンズだった。

 歴史ある球団ながらワールドシリーズ制覇には手が届かなかったが、1966年にドジャースを4連勝で下し、初の世界一に輝く。その後もアール・ウィーバー監督体制で1969年から1982年までの14年間で地区優勝6回、リーグ優勝4回、ワールドシリーズ制覇1回と黄金期を築く。1982年にはメジャーを代表する選手となるカル・リプケンが新人王に輝いた。

 1983年にはリプケンがMVPを受賞する活躍で、3度目の世界一を達成。1987年には父カル・リプケン・シニアが監督に就任し、弟ビリー・リプケンもメジャー昇格を果たしたことで親子3人が同時に同一チームのユニホームを着てグラウンドに立った。リプケンは2001年に引退するまでオリオールズ一筋で過ごし、メジャー記録となる2632試合連続出場を達成。最後の出場となった2001年のオールスター戦ではMVPに輝いた。

 1997年に地区優勝してからは長く低迷が続いたが、バック・ショーウォルター監督就任3年目の2012年に、アダム・ジョーンズ、クリス・デービスを中心とした強力打線で5年ぶりに地区最下位を脱出するとともに、15年ぶりにプレーオフへ進出した。

 2014年はジョーンズ、デービスにマーク・トランボも加わった打線で17年ぶりに地区優勝。2016年もワイルドカードでプレーオフ進出を果たすなど安定期に入ったと思われたが、2017年は主砲デービスの不振などで最下位に転落し、2018年はシーズン途中で大型遊撃手マニー・マチャドを放出して両リーグワーストの115敗を記録。2010年途中から指揮を執っていたショーウォルター監督が退任し、中心選手だったジョーンズもチームを去った。

 2019年はブランドン・ハイド新監督の下で出直しを図るも、両リーグワーストの防御率5.59を記録し、さらにメジャーワースト記録を更新するシーズン305被本塁打を献上するなど投手陣が崩壊。終わってみれば108敗を喫して3年連続の地区最下位となった。また、両リーグワーストタイのチームセーブ数27の中には外野手のスティーブ・ウィルカーソンが記録した、史上初の野手によるセーブも含まれている。

 2020年も苦しいシーズンが予想されるが、35本塁打のトレイ・マンチニ、31本塁打のレナト・ヌネス、打率.305をマークしたハンセル・アルベルトらを中心とした打線で再浮上を目指す。投手陣は12勝、防御率3.60と奮闘したジョン・ミーンズが柱。それに続く先発陣、最後まで固定できなかったクローザーの確立など、明確な課題をどれだけクリアできるかがポイントとなりそうだ。若手有望株の中ではMLB.com認定ランキング全体4位のアドリー・ラッチマンが将来の正捕手として期待されている。

スタジアム紹介

 NFLらと兼用のメモリアル・スタジアムに代わって野球専用球場として1992年に開場。いわゆる「レトロ調スタジアム」の先駆け的存在で、赤レンガの外壁が特徴。オープン時には建築デザイン的にも高い評価を得た。球場名は2つの候補名をそのまま採用して合体させたもの。パークファクターとしては本塁打が出やすいことから打者有利とされている。ベーブ・ルースの生家が徒歩圏内にあったことから、球場近くにはルースの銅像が建てられている。2001年には当時レッドソックスの野茂英雄が球場初となるノーヒットノーランを達成。2015年にはボルティモア市で非常事態宣言が出されたことにより、メジャーの公式戦で初の無観客試合が行われた。港湾都市ボルティモアの中心部に位置し、ワシントンやボルティモア周辺を網羅している鉄道MARCの「Camden」駅の目の前。

新着ニュース

チームデータ

創設 1901年
オーナー ピーター・アンジェロス
監督 ブランドン・ハイド
Wシリーズ優勝 3回
リーグ優勝 7回
地区優勝 9回
Wカード獲得 3回
在籍した日本人 上原浩治(2009〜2011年)
和田毅(2012〜2013年)

過去11年間の成績

2009年 東地区5位
2010年 東地区5位
2011年 東地区5位
2012年 ワイルドカード、地区シリーズ敗退
2013年 東地区3位
2014年 東地区優勝、リーグ優勝決定シリーズ敗退
2015年 東地区3位
2016年 東地区2位タイ、ワイルドカードゲーム敗退
2017年 東地区5位
2018年 東地区5位
2019年 東地区5位

スタジアム概要

名称 オリオール・パーク・アット・カムデン・ヤーズ
オープン年 1992年
仕様 天然芝、野外
左翼 101m
中堅 122m
右翼 97m
収容人数 4万5971人