「さて、誰の顔を触っているでしょうか?」