1. トップ
  2. ルール

大会概要

ルール

出場登録メンバー

2017年2月6日までに登録された選手28名(投手は最低13人以上、捕手は最低2人以上)および監督1名、コーチ6名

予備登録投手(指名投手枠)

今大会から新たに予備登録投手枠(指名投手枠)を設置。最大10名まで登録可能で大会期間中、ラウンド進出ごとに2名まで入れ替えができる。
  • ただし、出場登録メンバー28名の中に予備登録投手を1~2名登録し、予備登録投手同士での入れ替えに限る。
  • 予備登録投手は、一度、他の投手と入れ替わった場合、再登録することはできない。
  • 選手がケガ、病気などでプレーが困難な場合は予備登録投手以外からのメンバー登録も認められる。

球数制限・登板間隔

  • 投手は1試合につき1次ラウンドは65球、2次ラウンドは80球、決勝ラウンドは95球を超えて投げることはできない。
    ただし、ある打者の打席中に制限に達した場合は、その打席の完了まで投球できる。
  • 1試合で50球以上投げた場合、次の登板まで中4日をあけなければならない。
  • 1試合で30球以上、または2試合連続で投げた場合は、次の登板まで中1日をあけなければならない。
  • 捕手が立ち上がるなど明確に敬遠四球と分かる動作を示した場合は、主催者の判断により敬遠に関わる投球数は投球数に含めない。
  • 準決勝第1試合は準決勝第2試合と同日に行われたものとみなし、30球以上投げた投手は決勝に登板できない。

延長戦(タイブレーク)

延長10回を終えて決着がつかない場合、11回以降は無死一、二塁からタイブレーク制を実施。
打順は10回終了時点から引き継ぎ、先頭打者の直前の2人が一塁走者、二塁走者となる。

コールドゲーム

1次、2次ラウンドで適用され、5回以降に15点差、7回以降に10点差がついた場合にはコールドゲームとする。

ビデオ判定

審判の判断により、1次、2次ラウンドでは本塁打のみビデオ判定を行う。
決勝ラウンドではストライク・ボールの判定以外のほぼすべてのプレーでビデオ判定が適用される。ただし、監督からのチャレンジは行わない。

順位決定方法

1次、2次ラウンドでは、勝率が並んだチームは、以下の方法で順位を決定する。
(1)1位と2位が同率の場合、直接対決で勝ったチームを1位とする。

(2)3チームが2勝1敗で同率の場合、下記の優先順位で1位を決定し、残り2チームでプレーオフを戦う。
  1. 同率チームとの対戦で、守備1イニングあたりの失点数が少ないチーム
  2. 同率チームとの対戦で、守備1イニングあたりの自責点数が少ないチーム
  3. 同率チームとの対戦で、打率が高いチーム
  4. WBCIによる抽選

(3)3チームが1勝2敗で同率の場合、下記の優先順位で最下位チームを決定し、残り2チームでプレーオフを戦う。
  1. 同率チームとの対戦で、守備1イニングあたりの失点数が多いチーム
  2. 同率チームとの対戦で、守備1イニングあたりの自責点数が多いチーム
  3. 同率チームとの対戦で、打率が低いチーム
  4. WBCIによる抽選

出場資格

以下のいずれかの場合、選手は出場資格を有する。
  • WBC予選、WBC本戦に登録された28名
  • WBC開幕3カ月前に該当チームの市民権およびパスポートを保持している選手
  • 該当国と地域での居住資格を持っている選手
  • 該当国と地域の出生証明書を保持している選手
  • 両親のどちらかが当該国と地域の市民権か、パスポートを保持している選手
  • 両親のどちらかが当該国と地域での出生証明書を保持している選手
  • 両親のどちらかが該当チームでの法的市民権、もしくはパスポートを保持している選手

最新の試合

3月23日(木)

注目選手

  • Photo by MLB Photos via Getty Images

打者成績/投手成績

打者成績

順位 選手名 打率 本塁打 打点
1 キロス .667 2 5
2 バレンティン .615 4 12
3 ポランコ .579 1 2
4 リン・クンシェン .571 0 0
5 デサンミゲル .556 1 1

新着コラム

おすすめ情報