IDでもっと便利に新規取得

ログイン

順位表

セ・リーグ

試合 勝利 敗戦 引分 勝率 勝差 残試合 得点 失点 本塁打 盗塁 打率 防御率
1 阪神 113 62 46 5 .574 - 30 452 434 105 95 .252 3.55
2 ヤクルト 109 53 42 14 .558 2.5 34 486 419 110 65 .258 3.62
3 巨人 115 54 45 16 .545 1 28 459 446 144 60 .246 3.66
4 中日 115 46 55 14 .455 9 28 350 374 63 54 .241 3.14
5 DeNA 113 44 55 14 .444 1 30 454 507 116 24 .257 4.28
6 広島 111 43 58 10 .426 2 32 416 469 94 51 .259 3.92

対戦成績 : 勝利 - 敗戦(引分)

阪神 ヤクルト 巨人 中日 DeNA 広島
阪神 - 11 - 6(3) 9 - 8(1) 9 - 7(1) 12 - 10(0) 10 - 8(0)
ヤクルト 6 - 11(3) - 6 - 10(3) 10 - 4(4) 11 - 4(2) 10 - 5(2)
巨人 8 - 9(1) 10 - 6(3) - 10 - 9(3) 9 - 6(5) 10 - 7(1)
中日 7 - 9(1) 4 - 10(4) 9 - 10(3) - 9 - 7(2) 8 - 12(2)
DeNA 10 - 12(0) 4 - 11(2) 6 - 9(5) 7 - 9(2) - 8 - 8(2)
広島 8 - 10(0) 5 - 10(2) 7 - 10(1) 12 - 8(2) 8 - 8(2) -

勝率の高いチームを上位として表示します。
同率チームが発生した場合、セ・リーグについては勝利数の多いチームを上位、パ・リーグについては同順位で表示します。
レギュラーシーズン終了時に同率チームが発生した場合には、各リーグの規定に則した表示となります。
チーム打率、防御率は試合終了後、正式なデータが入るまでは一時的にハイフン表示します。

セ・リーグ

勝利数が多い球団
当該球団間の対戦勝率が高い球団
前年度順位が上位の球団

パ・リーグ

当該球団間の対戦勝率が高い球団
交流戦を除いたリーグ戦の勝率が高い球団
前年度順位が上位の球団

交流戦

■2球団が並んだ場合
・勝数
・直接対戦成績
・交流戦のTQB((得点/攻撃イニング)-(失点/守備イニング))が大きいチーム
・交流戦のER-TQB((相手自責点による得点/攻撃イニング)-(自責点/守備イニング))が大きいチーム
・交流戦のチーム打率
・2019年度交流戦の上位チーム

■3球団以上が並んだ場合
・勝数
・交流戦のTQB[(得点/攻撃イニング)-(失点/守備イニング)]が大きいチーム
・交流戦のER-TQB[(相手自責点による得点/攻撃イニング)-(自責点/守備イニング)]が大きいチーム
・交流戦のチーム打率
・2019年度交流戦の上位チーム

9月19日(日)の日程・結果

  • DeNA

    (予)今永

    17:00

    見どころ

    中日

    (予)ロドリゲス

  • ヤクルト

    (予)原

    17:30

    見どころ

    広島

    (予)高橋昂

  • 阪神

    (予)ガンケル

    18:00

    見どころ

    巨人

    (予)菅野

  • 楽天

    (予)岸

    13:00

    見どころ

    ソフトバンク

    (予)石川

  • オリックス

    (予)山﨑福

    13:00

    見どころ

    西武

    (予)渡邉

  • 日本ハム

    (予)加藤

    14:00

    見どころ

    ロッテ

    (予)小島

個人成績

セ・リーグ打率成績 チーム名 打率
1 オースティン DeNA .320
2 鈴木 誠也 広島 .315
3 桑原 将志 DeNA .3112
4 近本 光司 阪神 .3108
5 宮﨑 敏郎 DeNA .3054
パ・リーグ打率成績 チーム名 打率
1 吉田 正尚 オリックス .338
2 森 友哉 西武 .318
3 岡島 豪郎 楽天 .311
4 杉本 裕太郎 オリックス .310
5 柳田 悠岐 ソフトバンク .302

新着ニュース

ニュース一覧を見る